サカモトの強み

煮干し加工イメージ

代表取締役社長?坂本典壽私が創業したのは、昭和40年のことです。当時26歳でした。
煮干とは無関係の会社に勤めていましたから、まったくのゼロからスタートしたことになります。
あれから約半世紀。わき目も振らず、煮干一筋に生きてきたからこそ、サカモトは業界をリードする企業に成長できました。
その歩みを、少しだけ紹介します。
代表取締役 坂本典壽

サカモトが考える「良い煮干」

サカモトが考える「良い煮干」 煮干は、毎日の暮らしに密接に関わる商品です。
一般のお客さまが選ぶ煮干、おいしいと感じる煮干こそが、良い煮干です。
いくら熟練の職人が心血を注いでも、食卓に味噌汁が並んだとき、おかわりしたくなる「味噌汁」でなければならないのです。 煮干メーカーにとって最も重要なのは、一般のお客さまの味覚や意見。それなら「素人の私にもできるのではないか?」と考えたのが起業のきっかけです。
私は今でも社員に「煮干の良し悪しを決めるのは、お客さまだ」と話します。迷ったときには、この原点に立ち戻ることにしています。


煮干でイノベーション

煮干でイノベーション 今でこそ業界で一目置かれる存在にはなりましたが、創業当時は後発の小さなメーカーでした。
他社と同じやり方をしていては勝ち目がありません。そこで私は“お客さまが本当に必要とする煮干”を追い求め、次々と新しい商品の開発に挑みました。

飽くなき挑戦により生まれた新技術は、数々のヒット商品を世に送り出しました。その結果、私たちの商品は全国の小売店で取り扱われ、アメリカをはじめ海外の店頭にも並ぶようになったのです。

半世紀という時間をかけて、他社が持たない独自技術で市場を切り拓くイノベーティブな企業に育ったと自負しています。


サカモト流・信頼関係のつくり方

私たちは「相手の立場に立って考える」ことを大切にしています。
たとえば、煮干の原料であるイワシの生産者に対しては、一緒になって生産技術の向上に取り組んでいます。そうすることで、安心して漁に出ていただくことができるんですね。生産者との信頼関係を築くと、仕入れも安定しますから、私たちの事業も安定するというわけです。

お客さまの目線で商品を眺めてみるとたくさんの発想が生まれるように、お取引先の立場に立つと新しい発見がたくさんあります。こうして長い時間をかけて築いたパートナーシップが、今のサカモトの大きな財産になっています。

また、最新の放射能測定器を導入するなど、〈見えない所〉にこだわることで、いっそう 「おいしさ」と共に「安心」をお届けできるよう、日々努めています。


オンリーワンの煮干メーカーへ

サカモトが考える「良い煮干」 「煮干だけでやっていけるのですか」と聞かれることもあります。しかし、他社にはない商品ラインナップを揃えることができたのも、お客さまやお取引先のみなさまと深い関係を築くことができたのも、煮干一筋に生きたからだと考えています。
おかげさまで事業は安定し、オイルショックやバブル崩壊、金融危機など、様々な逆境を乗り越えることができる体力を身に付けることができました。
また、全国煮干協会の会長としても「JASマークの認定」「にぼしの日の制定」に携わる等、全力で頑張って参りました。 時代が移り変わっても、おいしい「だし」は日本の食生活の基本です。みなさまの暮らしを支える、おいしくて、安全で、からだに良い煮干を、追求し続けることが私たちの使命だと感じています。